特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

第6日 慶応、逆転負け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【彦根東-慶応】七回裏慶応無死満塁、善波が左前2点適時打を放つ=幾島健太郎撮影 拡大
【彦根東-慶応】七回裏慶応無死満塁、善波が左前2点適時打を放つ=幾島健太郎撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 (28日・阪神甲子園球場)

 2回戦3試合。第1試合は9年ぶり4回目出場の彦根東(滋賀)が慶応(神奈川)を逆転で降し、センバツ初勝利を挙げた。第2試合は春夏通じて初出場の乙訓(おとくに、京都)と2季連続出場で春初出場のおかやま山陽(岡山)の顔合わせ。第3試合は初出場の松山聖陵(愛媛)と3年ぶり出場の近江(滋賀)がぶつかる。

 ▽第1試合=2回戦

彦根東(滋賀)

  000001030=4

  000000210=3

慶応(神奈川)

 慶応は生井、彦根東は増居の両左腕が先発。

 彦根東は五回、高内の安打と川嶋のバントが悪送球を誘い(記録は犠打と失策)、無死一、二塁としたが、増居の三振の際に、二塁走者が飛び出し、捕手からの送球で刺され好機を逃した。

 慶応はその裏、大川の右前打を足場に1死三塁としたが、後続が連続三振に倒れた。

 彦根東は六回、1死から今井、朝日の連続内野安打などで満塁とすると、山岡の二ゴロで1点を先取した。慶応は七回、2四球と安打で無死満塁とし、善波の左前2点適時打で逆転した。

 彦根東は八回、朝日の右中間三塁打などで2死一、三塁とし、高内の左翼ポール際への3点本塁打でひっくり返した。慶応は八回2死一塁から奥村の左翼線適時二塁打で1点差に迫った。彦根東は増居が完投し、逃げ切った。

悔しさ解消を

 ○…慶応(神奈川)の森林貴彦監督は23日の開会式終了後、補助員として同行する部員5人に、振って飲む缶入りゼリー飲料5本を自動販売機で買って手渡した。「缶を思い切り動かし、ベンチ入りせず入場行進できなかった悔しさを解消してほしい」との計らいからだ。受け取った田中翔太さん(3年)は勢いよく振って飲み干し、「短時間でも効率良く練習できるようサポートしたい」と話した。

合同チア編成

 ○…常設のチアリーディング部がない彦根東(滋賀)。昨夏の甲子園に続き、県内で唯一チア部がある滋賀学園の有志と合同でチアリーダーを編成した。彦根東のメンバーを率いる束田七瀬さん(3年)は「少しでも選手の力になりたい」、滋賀学園の三輪綾乃さん(同)も「彦根東に受け継がれてきた『赤鬼魂』で応援する」と心を一つに盛り上げる。

 ▽第2試合=2回戦

おかやま山陽が先制

 おかやま山陽は右腕・有本、乙訓は背番号10の左腕・富山が先発。

 おかやま山陽は一回、先頭・小野剛の二塁打を足場に2死三塁とし、井元の左越え2点本塁打で先取点を奪った。

 乙訓は二回2死一塁から、富山の左越え適時二塁打で1点を返した。乙訓は五回、先頭の大上の右中間二塁打などで無死一、三塁とし、浅堀の遊ゴロ併殺の間に三塁走者が生還し、同点にした。

関連記事

あわせて読みたい