メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

南海電気鉄道・遠北光彦社長 なんば、まちづくり進化 2031年、なにわ筋線開業

南海電気鉄道の遠北光彦社長=大阪市浪速区で、菅知美撮影

 南海電気鉄道は、2031年春のなにわ筋線開業をにらんで、初めての経営ビジョン(18~27年度)を作った。「沿線の価値を磨く10年」と位置づけ、難波駅-新今宮駅間の高架下の活用や不動産事業の強化などを通じ、事業拠点であるなんばのまちづくりを進化するとともに、なにわ筋線を走る新型ラピートの検討を始める。遠北光彦社長(63)に事業戦略を聞いた。【聞き手・土居和弘、写真・菅知美】

 --10年後を見据えた経営ビジョンです。

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文1699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです