演奏会

作曲当時の音色、鮮やかに ベートーベン、歴史的名器で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ベートーベンが活躍した当時に作られたフォルテピアノを使用したベートーベンのバイオリン・ソナタ全曲演奏会(全10曲)が4~9月、計3回にわたって京都府立府民ホール・アルティ(京都市上京区)で開かれる。バイオリンの豊嶋泰嗣とピアノの上野真という実力派奏者の協演で、当時の音色が鮮やかによみがえる。

 使用されるフォルテピアノは3回とも異なり、いずれも1820年ごろにウィーンや英国で製作されたもの。3台ともフォルテピアノ修復家の山本宣夫…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

あわせて読みたい

注目の特集