特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

第6日 彦根東が春初勝利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 (28日・阪神甲子園球場)

 第6日の28日は2回戦3試合。第1試合は9年ぶり4回目出場の彦根東(滋賀)が慶応(神奈川)を逆転で降して、センバツ初勝利を挙げた。第2試合は、春夏通じて初出場の乙訓(おとくに)(京都)と、2季連続出場で春初出場のおかやま山陽(岡山)の顔合わせ。第3試合は初出場の松山聖陵(愛媛)と3年ぶり出場の近江(滋賀)がぶつかる。

 ▽第1試合=2回戦(午前9時3分開始)

彦根東(滋賀)

  000001030=4

  000000210=3

慶応(神奈川)

 慶応は生井、彦根東は増居の両左腕が先発。

 彦根東は六回、1死から今井、朝日の連続内野安打などで満塁とすると、山岡の二ゴロで1点を先取した。

 慶応は七回、2四球と安打で無死満塁とし、善波の左前2点適時打で逆転した。

 彦根東は八回、朝日の右中間三塁打などで2死一、三塁とし、高内の左翼ポール際への3点本塁打でひっくり返した。

 慶応は八回2死一塁から奥村の左翼線適時二塁打で1点差に迫った。

 彦根東は増居が完投し、逃げ切った。

乙訓、六回勝ち越し

 ▽第2試合=2回戦(午前11時46分開始)

 おかやま山陽は右腕・有本、乙訓は背番号10の左腕・富山が先発。

 おかやま山陽は一回、先頭・小野剛の二塁打を足場に2死三塁とし、井元の左越え2点本塁打で先取点を奪った。

 乙訓は二回2死一塁から、富山の左越え適時二塁打で1点を返した。

 乙訓は五回、無死一、三塁とし、浅堀の遊ゴロ併殺の間に三塁走者が生還し、同点にした。

 乙訓は六回1死一塁から薪谷の右中間適時三塁打で勝ち越した。

「黒グラブ」力に

 ○…おかやま山陽のエース・有本雄大投手(3年)のパワーの源は、昨夏の甲子園でマウンドに立ったOBの小松章浩さん(18)から託された黒いグラブだ。「先輩がどれだけこのグラブを大切にしていたか分かっている」。有本投手は小松さんを超えるピッチングを見せると誓う。

関連記事

あわせて読みたい