特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

「支援の会」月内にも発足 被害実態の情報発信など /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 障害者らへの強制不妊手術を認めていた旧優生保護法(1948~96年)の問題で、手術を受けた当事者を支援する「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」が月内にも発足する。当事者支援のほか、多くの県民に被害の実態を知ってもらうため勉強会などを通じた情報発信も行う。

 みやぎの会は国賠提訴に合わせ、地元から当事者を支えようと地元大学の研究者をはじめ、市民有志が発案した。すでに約20人が参加を表明している。こ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集