特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

監督対談 日大三と三重、あす対戦 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
<右>練習中にスタッフや選手と会話する日大三の小倉全由監督=兵庫県西宮市で<左>みずからグラウンドに立ち指導する三重の小島紳監督=兵庫県神戸市西区で 拡大
<右>練習中にスタッフや選手と会話する日大三の小倉全由監督=兵庫県西宮市で<左>みずからグラウンドに立ち指導する三重の小島紳監督=兵庫県神戸市西区で

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

日大三・小倉監督 打撃で勢いつける/三重・小島監督 4投手の起用が鍵

 第90回記念選抜高校野球大会で、2回戦に進出した日大三(町田市)は第7日の第2試合(29日午前11時半開始予定)で、三重(三重)との試合に臨む。初戦を突破し勢いに乗る日大三の小倉全由監督(60)と、三重の小島紳監督(28)に、相手の印象や意気込みを聞いた。【蒔田備憲、森田采花】

 --自チームの調整状況は。

 小倉監督 24日の1回戦、由利工(秋田)戦で、秋季東京大会で見せたような粘り強く、しつこい打撃を見せてくれた。良い状態ができている。

 小島監督 初戦まで長かった分、打撃や守備を修正できた。投手陣の好調も維持できている。練習メニューなどを工夫しながら最高の状態にしたい。

 --相手チームの印象は。

 小倉監督 左打者が多く、投手陣がどう抑えるかが重要。ただ相手を研究するより、自分のチームを信じたい。

 小島監督 走攻守のバランスが取れている。由利工戦を観戦したが、よく打ち、よく守るチームだなと思う。

 --相手チームで注目している選手は。

 小倉監督 良い投手が数人いる中で、特にエースの福田桃也投手(3年)は好成績を残しており、マークしていきたい。

 小島監督 豊富な投手陣は全員警戒している。打撃では日置航主将(3年)の前に走者を出さず、打たせないようにしたい。

 --鍵となる自チームの選手は。

 小倉監督 日置は警戒されると思うので、後を打つ大塚(晃平選手、3年)が本来の打撃を取り戻せるよう練習させたい。

 小島監督 定本拓真、福田桃也、山本大雅、吉井洸輔(いずれも3年)というタイプの違う4投手をどう起用するかが鍵になる。

 --理想とする試合展開は。

 小倉監督 打撃で勢いをつけるチームなので、初回に先取点を取り、打順2回り目での大量点につなげたい。

 小島監督 緊張を解き勢いをつけるため、先制がほしい。投手陣の調子が良いので小差に持ち込みたい。

 --選手にどんなプレーを期待するか。

 小倉監督 初戦を突破し気持ちが一つになっている。良い雰囲気のまま思いっきり、普段通りのプレーをしてほしい。

 小島監督 自信を持ってほしい。1969年のセンバツ優勝時に似せた新ユニホームで、誇りと自信を持ってプレーしてほしい。

〔都内版〕

次に読みたい

あわせて読みたい