メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

商業地26年連続下落 住宅地は21年連続 /長野

6年連続で県内商業地の最高価格となったJR長野駅善光寺口の「浪やビル」=長野市南長野で

 国土交通省は27日、土地取引の基準となる2018年の公示地価を発表した。県内の平均変動率は、住宅地が前年比0・5%減で21年連続、商業地が前年比1・0%減で26年連続で下落した。一方、今年と昨年で前年からの下落幅を比べると、今年は住宅地が0・3ポイント、商業地が0・5ポイント縮小した。【鈴木健太】

 今年は県内の住宅地、商業地、工業地の332地点で価格を算定。工業地の平均変動率は前年から横ばいで、3用地全体の平均変動率は前年比0・7%減だった。県内算定を担当した不動産鑑定士の代表の茅野武弘氏(49)は「景気回復を背景に、利便性が良い土地は下げ止まり感が出ている。ただ、県内は需要が伸びる土地と下落に歯止めがかからない土地の二極化が進んでいる」と話している。

 住宅地の平均変動率は、210の継続調査地点のうち47地点で前年より上がった。横ばいは51地点、下が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです