メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

県内商業地3年連続上昇 都市部での二極化進む /兵庫

 国土交通省が27日に発表した公示地価(1月1日時点)で、県内地価の平均変動率は商業地が前年比1・7%と3年連続で上昇した一方、住宅地はマイナス0・4%と10年連続で下落した。商業地では神戸市や阪神地域、明石・加古川・高砂市を中心とした東播磨地域で引き続き上昇した。また、姫路市などの中播磨地域は27年ぶりの上昇となった。住宅地・商業地とも都市部と地方の二極化が続く中、都市部ではさらに、利便性の高い地域とやや劣る地域の二極化が進んだ形となった。【元田禎】

 公示地価は毎年1月1日時点の標準地1平方メートル当たりの値段で、国が公表する。一般の土地取引の指標…

この記事は有料記事です。

残り1752文字(全文2030文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]