メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR三江線

沿線、鉄道資産の活用を模索 廃線前のにぎわい維持へ /島根

 島根、広島両県を結ぶJR西日本の三江線が31日、最後の運行を迎える。衰退する地域に観光客を呼び込もうと廃線後の鉄道資産の活用策も浮上するが、多額の維持・撤去費の負担が足かせになり、沿線自治体は二の足を踏んでいる。

「公園」構想

 三江線は、廃線を前に鉄道ファンらが殺到。3月初旬、石見川本駅(川本町)のホームに列車の乗客があふれかえった。同町の人口は約3300人。1980年代からほぼ半減し、4割超が65歳以上だ。駅前を通りかかった下垣美耶子さん(80)は「駅前はだいぶ寂しくなった。廃線後どうなってしまうのか」と将来を懸念する。

 鉄道資産を観光資源として活用しようと昨年12月、邑南町と広島県三次市の住民らが「江の川鉄道準備会」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです