メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR三江線

沿線、鉄道資産の活用を模索 廃線前のにぎわい維持へ /島根

 島根、広島両県を結ぶJR西日本の三江線が31日、最後の運行を迎える。衰退する地域に観光客を呼び込もうと廃線後の鉄道資産の活用策も浮上するが、多額の維持・撤去費の負担が足かせになり、沿線自治体は二の足を踏んでいる。

「公園」構想

 三江線は、廃線を前に鉄道ファンらが殺到。3月初旬、石見川本駅(川本町)のホームに列車の乗客があふれかえった。同町の人口は約3300人。1980年代からほぼ半減し、4割超が65歳以上だ。駅前を通りかかった下垣美耶子さん(80)は「駅前はだいぶ寂しくなった。廃線後どうなってしまうのか」と将来を懸念する。

 鉄道資産を観光資源として活用しようと昨年12月、邑南町と広島県三次市の住民らが「江の川鉄道準備会」…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです