メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

県内住宅地2年連続上昇 商業地も3年連続 前年比、幅拡大 景気安定、低金利背景に /広島

9年連続で広島県内の商業地の最高価格地点となった広島市中区八丁堀15-8のビル=竹内麻子撮影

 国土交通省が27日発表した公示地価(1月1日現在)で、県内の平均は住宅地、工業地共に2年連続で上昇した。商業地も3年連続で上昇し、いずれも前年に比べ上昇幅が拡大した。同省は、景気が安定していることや低金利などが背景にあるとみている。県内の調査対象は639地点。【竹内麻子】

 住宅地は、平均変動率が前年比0・4ポイント増の0・6%増に拡大。広島市内は安佐北区を除き上昇し、特に都心の平地や大型店近くで利便性が高い地域の上昇率が高い。東広島市は0・8%増で上昇幅も拡大した。一方、福山市、呉市、大竹市など下落した15市区町の大半で下落幅が縮小した。

 商業地は、平均変動率が前年比0・5ポイント増の2・0%増に広がり、広島市内全8区で上昇した。特に東…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1205文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 維新 大阪府内で首長を着々と増やす
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです