メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術の相談電話を開設 県、メールでも /広島

 県は28日から、旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を強制された障害者や家族を支援する専用相談窓口を開設する。受け付けは祝日・祭日を除く平日の午前8時半~午後5時15分で、電話番号は082・227・1040。

 旧厚生省の資料では、県内で327人に強制不妊手術を実施したとされる。電話は県…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです