支え愛

SASAEAI 今後も温かいご支援を /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 この支え愛を2012年6月6日に初めて載せていただいて、もう6年近くになります。ありがたいことに、このコラムを読まれた方から、食料や生活用品など各地から送って来ていただいています。中には、お部屋の提供を申し出てくださった方もいらっしゃいます。

 また相談の電話も随分増えましたし、日々の生活の中で、マスコミには何度となくフードバンクやシェルターのことを取り上げていただきますが、やはり、定期的にコラムで発信できることはとてもありがたく、引っ越しや家の片付けで出てきた生活用品などを提供していただくことが数多くありました。

 シェルターを利用される方だけでなく、地域定着、高齢者、女性、母子生活、困窮者自立相談支援センターなどで年間、50組ほどの方が、お部屋を借りて生活用品が必要となるために、「あいあい」に支援を求めてこられます。常時、3組のストックは必要ですが、多い時にはわずか10日ほどでその3組が無くなり、急遽(きゅうきょ)、呼び掛けて生活用品を集めることも多くなりました。おかげさまで用品が足りない時など、SNS(…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1561文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集