メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中朝

関係修復図る 米朝会談控え 金正恩氏訪中か

北京駅を離れる北朝鮮要人を乗せたとみられる特別列車=北京で27日、ロイター

 【北京・河津啓介】北朝鮮の最高指導者級とみられる要人が電撃的に中国を訪問した。北朝鮮は南北、米朝の両首脳会談を前に、冷え込んでいた中国との関係修復に乗り出した可能性がある。一方の中国も、朝鮮半島問題で「蚊帳の外」に置かれることを懸念し、北朝鮮要人の訪中受け入れを急いでいた。南北、米朝の両首脳会談を前に、中朝首脳級会談を実現させ、関係改善への弾みをつけたいという点で思惑が一致したようだ。

 中朝関係はかつて朝鮮戦争(1950~53年)を共に戦い、「血盟」とも表現された。だが近年は、北朝鮮…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです