メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教科書検定

19年度中学・高校 いじめ・SNS、道徳に

いじめを取り上げた中学校道徳の教科書の申請本

 2019年度から使われる新しい教科書の検定結果が27日公表された。中学校の道徳では全ての教科書でいじめの問題や、インターネットの適切な利用に関する題材が取り上げられた。高校の教科書には流行したアニメや音楽も登場し、世相を映し出す内容となった。【伊澤拓也、水戸健一、金秀蓮】

全社取り上げる

 19年度に「特別の教科」になるのに伴い、初めて検定を受けた中学校の道徳の教科書は、8出版社全てが「いじめ」を取り上げた。11年に大津市で起きた中学生のいじめ自殺が教科化のきっかけで、学習指導要領はいじめについて「解決に向けて取り組む態度を育てる」と明記している。文部科学省は「身近な問題として自分にひきつけて考えさせる教材が多い。小学校に比べ、より複雑で深刻なテーマを取り上げている」と解説する。

 多くの教科書が、いじめをテーマにした読み物を扱う「直接教材」と、友情や思いやりなどを描いた作品を通していじめについて考えさせる「間接教材」を均等に取り上げた。

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文2104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです