メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

金正恩氏、訪中か 交渉の後ろ盾確保狙う 平岩俊司氏・南山大教授(現代朝鮮論)の話

 北朝鮮の要人が北京に滞在し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との見方が強まっている。要人訪問を巡る中朝の狙いを聞いた。

    ◇

 中国訪問の北朝鮮要人が金正恩朝鮮労働党委員長であれば、目的は中朝関係を回復基調に戻してから今後予定されている米朝、南北の両首脳会談に向き合おうということだ。米国や韓国との関係を見据えた時に、まずは後ろ盾である中国との関係を安定的に維持し、協議を自分たちに有利に進めたい、ということではないか。

 2000年に当時の金正日(キムジョンイル)総書記と金大中(キムデジュン)韓国大統領(ともに故人)が…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです