メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EUトルコ首脳会談

溝深く 「歩み寄り至らず」

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)とトルコは26日夜、ブルガリア東部バルナで首脳会談を開いた。2016年夏のクーデター未遂を機に強権的な姿勢を強めるトルコと欧州の関係は悪化している。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は会談終了後の記者会見で「具体的な解決について歩み寄りには至らなかった」と述べ、溝の深さをうかがわせた。

 EUはトルコ国内の人権弾圧や、トルコが敵視するシリア北部のクルド人支配地域への軍事作戦などを巡って…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです