メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

訪日客、地方に投資 利便性で自治体内格差

 地方圏の商業地の平均地価が26年ぶりにプラスとなった。外国人旅行者に人気のリゾート地を抱える自治体や、駅前再開発が進む県庁所在地で上昇の動きが広がっているためだ。ただ、同じ自治体内でも利便性の劣る郊外の地価は下落に歯止めがかからず、格差拡大は鮮明になっている。

お土産感覚

 国際的なスキーリゾートとして知られる北海道ニセコ地区の倶知安町。訪日客需要に衰えが見えず、上昇率は商業地全国1位、住宅地1~3位を占めた。町の観光業関係者は「スキーに来た外国人富裕層が『お土産感覚』で土地を買っていくこともある」と話す。

 町によると、2016年度の外国人宿泊者数は約11万6000人。1000人余りだった01年度の100…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです