メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

訪日客、地方に投資 利便性で自治体内格差

 地方圏の商業地の平均地価が26年ぶりにプラスとなった。外国人旅行者に人気のリゾート地を抱える自治体や、駅前再開発が進む県庁所在地で上昇の動きが広がっているためだ。ただ、同じ自治体内でも利便性の劣る郊外の地価は下落に歯止めがかからず、格差拡大は鮮明になっている。

お土産感覚

 国際的なスキーリゾートとして知られる北海道ニセコ地区の倶知安町。訪日客需要に衰えが見えず、上昇率は商業地全国1位、住宅地1~3位を占めた。町の観光業関係者は「スキーに来た外国人富裕層が『お土産感覚』で土地を買っていくこともある」と話す。

 町によると、2016年度の外国人宿泊者数は約11万6000人。1000人余りだった01年度の100…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1840文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです