メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第73期本因坊戦挑戦者決定リーグ 黄翊祖八段-芝野虎丸七段 第21局の1

 3勝2敗同士の第6ラウンド。最終局、黄翊祖八段は2敗の山下敬吾九段、芝野虎丸七段は1敗の伊田篤史八段との対戦を残す。本局に勝てば挑戦を狙えるが、落とすと陥落の心配をしなくてはならない。芝野は今年、ここまで8連勝と負け知らず。昨年は日本棋院所属棋士で最多の勝利を挙げ、本因坊文裕と並ぶ最長の連勝を飾った。

 解説の平田智也七段は「黒5の一路狭い中国流の場合、白6と内側からカカることが多く、最近は白10と高くヒラきます。その後、黒イと迫り、白16と潜るのがはやりです」と、布石の最新情報を披露した。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです