メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

原告、国の不作為追及 国賠訴訟、きょう第1回口頭弁論 仙台地裁

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた宮城県の60代女性が、同法は個人の尊厳や自己決定権を保障する憲法に違反するなどとして、国に1100万円の支払いを求める国賠訴訟の第1回口頭弁論が28日、仙台地裁で開かれる。同法の違憲性を争点に、原告側は「法改定後に必要な救済策を怠った行政や国会の不作為」を追及する構えだ。【遠藤大志】

 国側はこれまで「当時は合法だった」としており、請求の棄却を求める方針。ただ、女性の提訴後、当事者へ…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文644文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです