メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

もったいないばあさん、またね 作者・真珠まりこさん

「もったいないばあさん日記」作者の真珠まりこさん=中村藍撮影

 本紙「本はともだち」面で連載してきた「もったいないばあさん日記」が28日、最終回を迎えた。13年間の連載を終えた作者の真珠まりこさんに思いを聞いた。

 ●世界が広がった

 --「もったいないばあさん日記」の連載がスタートしたのは2005年10月です。最終回を迎えた今の心境は。

 ◆もったいないばあさんの連載を続けることで、日本のいいところや、何がもったいないのかを考え続けることができました。「こんな時、もったいないばあさんならどう思うだろう」って。もったいないという言葉は、相手を敬う心、思いやる気持ち、ありがとうの気持ちなんです。もったいないという言葉の意味の深さを知るにつれて、それを軸に考える癖ができたことで世界が広がりました。新聞や辞書を参考にしたり、出会った人から「もったいない」と思ったことを聞いて取材したり。気になることはかたっぱしから調べました。紙面を通じて読者の方に伝えられたことが幸せでした。

 --もったいないばあさんのキャラクターが生まれたきっかけは。

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです