社会保険

適用、全国調査 「パート」へ拡大、一定成果

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 パート労働者らへの厚生年金など社会保険の適用拡大が実施された結果、各企業での対応は、従業員の労働時間を短くするなどの適用の回避と、労働時間を延ばすなどの拡大が、ほぼ同程度だったことが厚生労働省の関係機関の調査で分かった。厚生年金への加入で国民年金だけより受給額が増える半面、企業の負担増となるため、適用を避ける動きが懸念されていたが、一定の成果が表れた形だ。

 調査は独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が昨年7~9月、全国2万社を対象に郵送式で実施。5523社から回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文734文字)

あわせて読みたい

注目の特集