メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

恩師の教訓「VW」胸に 臨床応用目指しまい進=山中伸弥

山中伸弥氏

 25年ほど前、米国のグラッドストーン研究所(カリフォルニア州)に博士研究員として留学中のことです。当時所長だったロバート・マーレー先生が、私たち若い研究者を集め、こう言いました。

 「研究者として成功するための秘訣(ひけつ)はVWだ」

 私は父親を亡くしてすぐに留学したこともあり、マーレー先生は「米国のお父さん」のような存在です。マーレー先生は、当時も今もドイツ車に乗っていますので、VWはフォルクスワーゲンにかけたのかもしれません。もちろんこの場合は違います。「ビジョン・アンド・ワークハード(Vision and Work hard、目標を持って懸命に仕事する)」の頭文字です。「VW」は、四半世紀たった今も私のモットーとなっています。

 当時の私は、まさにワークハードしていました。同じ時間で他の人の2倍、いや3倍の実験ができないかを考えていました。整形外科の臨床医を辞め、小さい子ども2人を連れての留学。妻も自分の仕事を犠牲にしてついてきてくれていました。「ここで一旗揚げないと日本には帰れない。良い論文を書き、研究費をもらい、そして良い職に就かなければならない」。そんな気持ちで必死でした。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです