メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栃木・那須の雪崩

事故1年 遺族「ますます不信感」 県追悼式、7家族欠席

雪崩事故から1年がたち、献花台を訪れて追悼する人たち=栃木県那須町で27日午前8時32分、宮間俊樹撮影

 栃木県那須町の茶臼岳で登山講習会に参加していた県立大田原高山岳部の男子生徒7人と男性教諭の計8人が死亡し、他校の生徒らを含む40人が重軽傷を負った雪崩事故から1年となった27日、多くの人が、現場近くに臨時で設置された献花台を訪れ、犠牲者を悼んだ。近くの施設では県などが主催の追悼式もあったが、遺族8家族のうち7家族が事故後の県側の対応が不誠実…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 売れると「認められた」7割 メルカリ、利用者意識調査

  2. 聖火が走ったまち1964-2020 奈良・興福寺 ビール瓶掲げ練習

  3. 五輪マラソン札幌移転でIOC会長が懸念を否定「日本の方々は心配や落胆をしなくていい」

  4. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  5. 昔話のように語り継がれる一日に 古里の農道で「花嫁行列」 三重・伊賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです