鋤田正義さん

ボウイさん撮り続けた40年 古里で写真展

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真家の鋤田正義さんと、国内外で撮影したデビッド・ボウイさんの写真=山崎あずさ撮影
写真家の鋤田正義さんと、国内外で撮影したデビッド・ボウイさんの写真=山崎あずさ撮影

福岡・直方出身の写真家

 2016年1月に69歳で亡くなった英国の世界的ロック歌手、デビッド・ボウイさんを40年以上撮影し続けたことで知られる福岡県直方市出身の写真家、鋤田(すきた)正義さん(79)の里帰り写真展が、4月3日から同市の直方谷尾美術館で始まる。実行委員会代表の河野一太さん(55)は「鋤田さんのキャリアを通して『夢をあきらめない』という志を、若い世代に伝えたい」と意気込む。【山崎あずさ】

 鋤田さんは1938年生まれで、大阪の日本写真専門学校(現日本写真映像専門学校)で学び、広告代理店勤務などを経て独立。英国のサブカルチャーに興味を抱いて72年に渡英し、ボウイさんに自らの作品を見せて気に入ってもらって撮影を始めた。アルバム「ヒーローズ」のジャケットに写真が使われるなど次第に信用を得て、ボウイさんが亡くなるまで交流を続けた。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文932文字)

あわせて読みたい

ニュース特集