メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露外交官追放

米欧25カ国に NATOも 英の戦略奏功

ロシア軍情報機関元幹部の暗殺未遂事件の経過

 英国で起きたロシア軍の元情報部門幹部の暗殺未遂事件を巡り、英国の要請に応じる形で、同盟国の米国や欧州連合(EU)加盟各国などが続々と露外交官の国外追放に乗り出した。追放を表明したのは英国を含め少なくとも25カ国で対象の露外交官は計100人以上に上る。さらに、北大西洋条約機構(NATO)も27日、ブリュッセルにあるNATO露代表部の外交官7人の追放を発表した。英露間の事件は米欧を巻き込んだ問題に発展。EUは新たな制裁も視野に入れており、ロシアとの緊張が高まっている。

 「ロシアの強硬姿勢は、新たな危険な局面に入った」。英国のメイ氏は26日、英下院で各国の露外交官追放…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1094文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです