特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

選抜高校野球

延岡学園・工藤、思い出に残る甲子園の一発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【国学院栃木-延岡学園】一回裏延岡学園2死一塁、工藤が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月27日、森園道子撮影 拡大
【国学院栃木-延岡学園】一回裏延岡学園2死一塁、工藤が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月27日、森園道子撮影

 ○国学院栃木(栃木)9-5延岡学園(宮崎)●

 快音を響かせ、滞空時間の長い打球は左翼スタンドに吸い込まれた。延岡学園の工藤魁人(くどう・かいと)三塁手(3年)、名誉挽回の一打だった。

 同点に追いついた直後の一回2死一塁、カウント1-1からの3球目。国学院栃木の右腕・水沢の内角カーブが甘く浮いたのを見逃さなかった。しっかり軸足を残し、ボールを引きつけて引っ張ると、「直球を狙っていたけど対応できた。打った瞬間、入ったと思った」。高校通算7本目の本塁打になった。

 相手に自らの失策で先制点を献上した。一回1死三塁の守備で、平凡な三ゴロを処理した際に三塁走者が飛び出したのを見て本塁へ送球。しかし、「焦って(うまく)握りきれずに投げた」ボールは捕手のミットを大きくそれて、三塁走者が生還した。

 持ち味の長打力は中学時代、母智子さん(43)に毎日ボールを投げてもらって振り込んだことが礎になっている。第2打席以降は渡辺、宮の両左腕に三振を喫し「力不足」。それでも思い出に残る甲子園での一発に、母への感謝を忘れなかった。【佐野優】

関連記事

あわせて読みたい