メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

オマケの人生=近藤勝重

 子供の頃から人より胸がへこんでいることに気づいていた。それが気管支や肺系統に関わっていることを知ったのは、後年、実際に気管支炎などを患うことになってからだ。

 家庭医学の本に乳幼児の頃の病気に関係しているという記述があったが、はてさて自分がどんな病状だったのか。知りたいと思った時には両親はすでに他界していた。

 母親の七回忌の時、兄に胸の深いくぼみのことを尋ねると、「お前は赤ん坊の頃、肺炎にかかってな、仮死状…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです