メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

オマケの人生=近藤勝重

 子供の頃から人より胸がへこんでいることに気づいていた。それが気管支や肺系統に関わっていることを知ったのは、後年、実際に気管支炎などを患うことになってからだ。

 家庭医学の本に乳幼児の頃の病気に関係しているという記述があったが、はてさて自分がどんな病状だったのか。知りたいと思った時には両親はすでに他界していた。

 母親の七回忌の時、兄に胸の深いくぼみのことを尋ねると、「お前は赤ん坊の頃、肺炎にかかってな、仮死状…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです