メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の出発点

柴崎友香さん 『きょうのできごと』 重なる「一瞬」世界輝く

作家、柴崎友香さん=東京都世田谷区で2018年3月16日午後3時52分、鶴谷真撮影

 かわちくんは不安そうな顔をして、わたしのほうを振り返った。

「大丈夫。失敗したら坊主にしたらいいねん。坊主って、いちばん男前が引き立つ髪型やと思うで」

「そうかなあ。……耳とか切らないでくださいね」

「大丈夫」(『きょうのできごと』河出文庫より)

 小説のテーマや筋書きを取り出すのが難しい作家だ。穏やかな日常が淡々と描かれ、セックスや暴力、愛する人の死など“事件”が起きない。ややオドオドした主人公が眼前の出来事を観察している感じ。登場人物たちの連帯がそっと後押しされている気もするが、かといって人間関係そのものに焦点は結ばれない。

この記事は有料記事です。

残り1645文字(全文1909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです