特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

第7日 星稜、23年ぶり1勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 (29日・阪神甲子園球場)

 2回戦残り2試合と3回戦1試合。第1試合は星稜(石川)が春夏通じて初出場の富島(宮崎)に逆転勝ちし、1995年以来23年ぶりのセンバツ勝利を挙げた。第2試合は、出場36校最後に登場した三重が日大三(東京)に快勝した。第3試合は、東海大相模(神奈川)と静岡が8強一番乗りを懸けてぶつかる。

 ▽第1試合=2回戦

富島(宮崎)

  002000000=2

  10720001×=11

星稜(石川)

 星稜は一回2死満塁から河井の適時内野安打で1点を先取。富島は三回に松浦の右越え適時三塁打と中川の右前適時打で2点を挙げて逆転。

 星稜は三回に竹谷の右前適時打で同点。山瀬の中堅左への適時二塁打などでこの回打者11人の猛攻で計7点を奪い、試合をひっくり返した。星稜は三回途中から登板した奥川がリードを守りきった。

三重、集中打で快勝

 ▽第2試合=2回戦

日大三(東京)

  000000000=0

  00000350×=8

三重(三重)

 日大三は2年生右腕・井上、三重は右腕・定本が先発。

 両チームともに得点圏に走者を進めたものの、五回を終えて無得点。

 三重は六回、井上が二塁内野安打で出塁。1死後、浦口の右中間三塁打で先制。曲も左中間適時打で続き、2死後には東の三塁適時内野安打で計3点を挙げた。

 三重は七回、5連打などで5点を加えた。

 三重は定本が完封した。

次に読みたい

あわせて読みたい