メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・とうほくの今

区画整理地、マッチングで売買促進 人口減歯止めへ 釜石市 /岩手

かさ上げ工事がほぼ終了した釜石市鵜住居地区の土地区画整理事業地。住宅再建する人、未定の人が共に3割と地権者は「ついのすみか」を決めかねている=釜石市で

 東日本大震災の被災者が住宅再建する際、国・県・市から約1000万円の補助が受けられる「住宅再建支援・補助制度」の申請期限が2020年度末に迫る中、釜石市は震災復興土地区画整理事業(かさ上げ)地内の土地を「売りたい(貸したい)」人と「買いたい(借りたい)」人をマッチングする制度を始める。復興まちづくりで活用見込みがない土地を有効利用し、人口減少に歯止めをかける狙い。

 市都市整備推進室によると、同市では、鵜住居、片岸、嬉石松原、平田の4地区計74・3ヘクタール(10…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文855文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです