メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

被害相談窓口を30日開設 県弁護士会有志 /神奈川

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された宮城県の60代女性が国家賠償請求訴訟を起こしたことを受け、県弁護士会有志が同様の被害に関する電話相談窓口を30日に開設する。

 これまで被害を訴えることのできなかった当事者らの声を聞こうと、全国16カ所の弁護士が一斉に電話相談を実施。望まない手…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです