メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演会

富士宮で窪田医師、快眠法を指導 「毎朝、同じ時間に起床」「睡眠薬代わりの寝酒ダメ」 /静岡

生活習慣の改善などで快眠を促す窪田医師=富士宮市の杉田区民センターで

 富士宮市で「明日に役立つ、睡眠の知識」と題した講演会があった。市内の南富士病院の院長で精神科医、窪田裕輔医師(51)が、睡眠と体のメカニズムを分かりやすく解説し「毎朝、同じ時間に起床しましょう」「睡眠薬代わりの寝酒は避けましょう」と呼びかけ、生活習慣の改善などによる快眠法をアドバイスした。住民ら約50人が聴いた。【高橋秀郎】

 日本人の睡眠時間は、平均7時間42分(2011年調査)。3割は不眠症状を持つとされる。不眠症は眠り…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 「強そうで憧れる」 球児のユニホームは「細身」志向 流行から必須条件に
  4. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  5. 米子東の選手がベンチ入りせず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです