メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

驚都・きょうと

/108止 108の願いの鐘、心に染む /京都

参道に108個並んだ鐘の音がおだやかに響く=京都府南丹市で、小松雄介撮影

 約3年間続いたこの連載は今回が最終回。「108回」でまず思い浮かんだのが、除夜の鐘だった。知恩院(京都市東山区)が有名だが、108個の鐘が並ぶ参道があると聞き、南丹市の京都帝釈天(たいしゃくてん)を訪れた。

 山道を700メートル続く参道の両側に高さ40センチほどの大きさの「願いの鐘」が並んでいる。それぞれの鐘に撞木(しゅもく)が付いていて、自由に鳴らすことができる。実際にたたいてみると、少し高めの音が山の中に優しく響き、余韻が心に染み入った。

 こどもの日の催しで、会場に置いた鐘をやんちゃな子どもたちが次々とたたき、自然と手を合わせる姿に感銘…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文579文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです