特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

とっとり・キャンパる

戦後ラジオドラマ再現 木挽き老人題材、林業考える /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鳥取大地域学部地域文化学科では「地域調査実習」の授業で、文化的な営みについて調査・考察している。約1年間にわたるグループ研究で、学外で成果を発表し報告書をまとめる。このうち第二次世界大戦後の復興期に鳥取で制作されたラジオドラマについて調査し、再現の取り組みを続けている学生グループの活動を紹介したい。(鳥取大・井上麟、森田裕也)

 NHK鳥取放送局では敗戦の翌年の1946(昭和21)年2月、約30人の放送劇団を結成した。戦意高揚の道具として利用されたラジオ放送を、地元の人々の生活を豊かにするメディアとして再生させ信頼を回復するのが動機だったという。

この記事は有料記事です。

残り1566文字(全文1842文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集