メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

島のちいさな水族館 徳島県海陽町 生き物観察、おもしろいよ 小島の海洋自然博物館内、職員の手作りで /四国

2017年11月に館内にできた「島のちいさな水族館」=徳島県海陽町宍喰浦竹ケ島の町海洋自然博物館「マリンジャム」で、松山文音撮影

 徳島市中心部から南へ2時間ほど車を走らせると、天気が良ければサンゴや色鮮やかな熱帯魚に会える澄んだ海が広がる。徳島県最南端、海陽町宍喰浦の沖合に浮かぶ竹ケ島。町海洋自然博物館「マリンジャム」には、職員手作りの「島のちいさな水族館」が新設された。周辺ではシーカヤックやシュノーケリングも人気。美しい海でぜいたくなマリンレジャーが楽しめる小さな島を訪れた。【松山文音】

 竹ケ島は南北1キロ、東西700メートルで、周囲は4キロほど。島をつなぐ約100メートルの竹ケ島橋を渡ると博物館がある。昨年11月にリニューアルオープンし、館内に水族館ができた。メインの水槽には、周辺の海で見ることができるカラフルなサンゴ8種、青と白のしま模様が特徴の「サザナミヤッコ」などの魚6種が泳いでいる。子どもが背伸びしなくても見えるよう、多くの水槽は床から高さ約60センチに設置した。「魚が…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです