メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 国、具体的主張控える 原告側「苦痛計り知れず」

 旧優生保護法(1948~96年)は個人の尊厳を保障する憲法に違反するなどとして、同法に基づき15歳で不妊手術を強制された知的障害のある宮城県の60代女性が国に1100万円の慰謝料を求めた国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が28日、仙台地裁(高取真理子裁判長)であった。原告側は「行政や国会は母体保護法への改正後も救済策を怠った」などと主張。国は原告の請求を棄却するよう求めたが、国会が救済に向けて動いていることなどを受け、具体的な主張は控えた。

 旧優生保護法下で不妊手術を強制された当事者による国賠訴訟は初めて。この日、原告の女性は出廷を見送り…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです