メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 国、具体的主張控える 原告側「苦痛計り知れず」

 旧優生保護法(1948~96年)は個人の尊厳を保障する憲法に違反するなどとして、同法に基づき15歳で不妊手術を強制された知的障害のある宮城県の60代女性が国に1100万円の慰謝料を求めた国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が28日、仙台地裁(高取真理子裁判長)であった。原告側は「行政や国会は母体保護法への改正後も救済策を怠った」などと主張。国は原告の請求を棄却するよう求めたが、国会が救済に向けて動いていることなどを受け、具体的な主張は控えた。

 旧優生保護法下で不妊手術を強制された当事者による国賠訴訟は初めて。この日、原告の女性は出廷を見送り…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです