メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特定秘以外の秘密

不透明な管理 2年間で指定は2%

特定秘密とそれ以外の秘密との違い

 内閣府は、特定秘密より機密性の低い秘密文書の管理状況の一端を初めて取材に対して明らかにした。2015年度、16年度の2年間に作られた公文書ファイル約538万のうち、秘密指定された文書ファイルは約2%の10万7193だった。政府は15年4月、政府統一ルールを定めて各府省庁ごとに指定する「極秘」「秘」の2種類を管理するように定めたが、定義や範囲などがあいまいで例外も認めており、管理に不透明な面もある。【青島顕】

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文1927文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです