メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年度の公文書管理の状況について内閣府の報告を聞く梶山弘志・担当相(右)、公文書管理委員会の宇賀克也委員長(中央)ら=東京都千代田区で2018年3月26日、青島顕撮影

Q 公文書の規則が変わるらしいね?

A 学校法人「森友学園」問題で、財務省が「交渉記録を廃棄した」との釈明を繰り返したのを受けて、昨年12月に政府は公文書管理の指針を改正しました。簡便な手続きで文書を捨てられる「保存期間1年未満」文書の範囲に基準を設けたのです。指針に沿って、財務省を含む38府省庁は新しい文書管理規則を作り、4月から施行します。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです