メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年度の公文書管理の状況について内閣府の報告を聞く梶山弘志・担当相(右)、公文書管理委員会の宇賀克也委員長(中央)ら=東京都千代田区で2018年3月26日、青島顕撮影

Q 公文書の規則が変わるらしいね?

A 学校法人「森友学園」問題で、財務省が「交渉記録を廃棄した」との釈明を繰り返したのを受けて、昨年12月に政府は公文書管理の指針を改正しました。簡便な手続きで文書を捨てられる「保存期間1年未満」文書の範囲に基準を設けたのです。指針に沿って、財務省を含む38府省庁は新しい文書管理規則を作り、4月から施行します。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文855文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです