メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年度の公文書管理の状況について内閣府の報告を聞く梶山弘志・担当相(右)、公文書管理委員会の宇賀克也委員長(中央)ら=東京都千代田区で2018年3月26日、青島顕撮影

Q 公文書の規則が変わるらしいね?

A 学校法人「森友学園」問題で、財務省が「交渉記録を廃棄した」との釈明を繰り返したのを受けて、昨年12月に政府は公文書管理の指針を改正しました。簡便な手続きで文書を捨てられる「保存期間1年未満」文書の範囲に基準を設けたのです。指針に沿って、財務省を含む38府省庁は新しい文書管理規則を作り、4月から施行します。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです