メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

生活保護費引き下げ 分断招く不透明改定=熊谷豪(医療福祉部)

生活保護受給額の水準を議論した厚生労働省の専門家会議=東京都千代田区で2017年12月8日、熊谷豪撮影

 少子高齢化が進み、社会保障制度が不安定になる中、「命綱」とも呼ばれる生活保護の重要性が増している。しかし、今年10月からの生活保護費の引き下げを決定した過程は極めて不透明だった。国は自分たちにしか分からない複雑な計算式を作り、数字をはじき出した。専門的で客観的な検証だと主張するが、ブラックボックスになっている。国民が納得いく説明が必要ではないか。

この記事は有料記事です。

残り2006文字(全文2181文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 菅首相「ほぼゼロ回答」 桜を見る会で責任回避答弁に終始 衆参予算委集中審議

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです