メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

生活保護費引き下げ 分断招く不透明改定=熊谷豪(医療福祉部)

生活保護受給額の水準を議論した厚生労働省の専門家会議=東京都千代田区で2017年12月8日、熊谷豪撮影

 少子高齢化が進み、社会保障制度が不安定になる中、「命綱」とも呼ばれる生活保護の重要性が増している。しかし、今年10月からの生活保護費の引き下げを決定した過程は極めて不透明だった。国は自分たちにしか分からない複雑な計算式を作り、数字をはじき出した。専門的で客観的な検証だと主張するが、ブラックボックスになっている。国民が納得いく説明が必要ではないか。

この記事は有料記事です。

残り2006文字(全文2181文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです