メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中朝首脳会談

米、中国主導を警戒

中朝首脳会議を「歓迎」する各国の本音

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が初訪中して中国共産党の習近平総書記(国家主席)と会談し、冷え込んでいた中朝関係の修復が図られた。トランプ米政権は、北朝鮮の非核化に向けた前向きなステップと捉える一方、中国が経済・安全保障面で北朝鮮に多大な影響力を保持して、朝鮮半島問題で主導権を握ることを警戒している。【ワシントン高本耕太】

 トランプ大統領は28日朝、ツイッターに「習近平(総書記)から、金正恩(委員長)との会談は非常にうまくいき、金(委員長)は私と会うことを楽しみにしているとのメッセージを受けた」と投稿した。トランプ氏はまた、「それまではどんなことがあっても、最大圧力と制裁は維持されなければならない」と述べた。

 ホワイトハウスは27日、声明を発表し、中国政府から説明があったとしたうえで「北朝鮮に対する『最大圧力』政策が、対話に向けた適切な環境醸成に効果を上げている新たな証左」と評価した。南北、米朝の二つの首脳会談に向けては「同盟国の韓国、日本との連携を緊密にとる」と述べ、日米韓の枠組みで対応する考えを強調した。

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高知市の30代女性看護師が感染 高知県で初確認

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです