メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道徳

「考える」時間ある? 検定細かく、教科書厚く

LGBTを取り上げた道徳教科書の申請本=東京都千代田区の文部科学省で2018年3月、西本勝撮影

 中学校で2019年度に正式教科となる道徳の教科書は8社の8点が検定に合格した。学習指導要領が定めた「内容項目」は昨年検定があった小学校よりも細かく、全てを詰め込んだ結果、ページ数も増えた。分厚くなった教科書が、文部科学省が掲げる「読む道徳」から「考え、議論する道徳」への転換を妨げる恐れもある。【伊澤拓也】

 中学校の内容項目は22ある。小学校低学年は19項目で、記述も「友情・信頼」は「友達と仲よくし、助け合うこと」と単純。高学年は同じ22項目だが、中学の記述は長く、詳細になっている。

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです