メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから
くらしナビ・ライフスタイル

小学生のスマホ 成長に応じ

子どもたちから寄せられた相談を集めたパネルを前に話し合う今津孝次郎さん(右)と森慶恵さん。SNSに関する悩みも少なくない=名古屋市の愛知東邦大で

 進級や塾通いをきっかけに小学生にスマートフォン(スマホ)を買い与える家庭が増えている。養護教諭らのグループは、スマホを与える前に、子どもの成長度合いや保護者自身の使い方をしっかり見ることが重要としている。

 ●対人関係結べるか

 クラスの友だちとの無料通信アプリ「LINE(ライン)」のやりとりで睡眠不足になり3日連続で保健室に来た小学4年生男子。ゲームや動画サイトに毎日5時間ほど費やし、「イライラして勉強に集中できない」と話す2年男子。ネットで知り合った男性に会うように求められ怖い思いをした女子………。小学校の教員有志で作る「子どもたちの健やかな育ちを考える養護教諭の会」が「先生・保護者のためのスマホ読本」(学事出版)で示す事例だ(本では複数事例を一般化して紹介している)。

 「会」は、中学・高校・大学生の携帯電話・スマホ利用を調査研究してきた愛知東邦大学の今津孝次郎教授(教育社会学)が、小学生についても考える必要性を感じ、保健室の先生たちに呼びかけ始まった。森慶恵さんら名古屋市内の養護教諭5人が集まり、2015年7月から約2年議論し、親子でルール作りを話し合うためのチェックシートを考えた。

この記事は有料記事です。

残り1947文字(全文2448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  5. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです