連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

壁画描く芸術性あった? ネアンデルタール人像に新説、「野蛮」見直しも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
洞窟壁画と人類の変遷
洞窟壁画と人類の変遷

 旧人のネアンデルタール人が6万年以上前に洞窟壁画を描いていた--。洞窟壁画は現生人類のホモ・サピエンスが描いたとする定説に、一石を投じる研究が発表された。4万年前に滅んだネアンデルタール人とは何者だったのか。最新研究を取材した。【鈴木理之】

 ●4万年前に絶滅

 角を持つ牛のような動物や、はしごのようなマーク--。ネアンデルタール人が描いたとの新説が浮上しているのは、100年以上前に発見された世界遺産・ラパシエガ洞窟(スペイン)の壁画だ。赤い顔料が使われ、点描のような絵も見える。ドイツの研究チームが、壁画に付着した天然の放射性物質の年代を測定したところ、一部は6万4000年以上前に描かれたと推定した。これまでは約4万年前とされていたが、2万年以上さかのぼったことになる。

 ネアンデルタール人は、ヒトと共通の祖先から50万年前以降に分かれたとみられ、私たちの「遠い親戚」に当たる。1856年にドイツのネアンデル谷の洞窟で初めて骨格の化石が発見された。これまでの遺跡調査から埋葬文化があったとされる。

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1726文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集