メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 日本、1トップ不発 裏への抜け出し失敗 ベルギー遠征、1敗1分け

 【リエージュ(ベルギー)丹下友紀子】サッカーの日本代表は27日、当地での国際親善試合で、ウクライナに1-2で敗れた。日本は23日のマリ戦で引き分けており、今回のベルギー遠征を1敗1分けで終えた。日本は5月30日の壮行試合、ガーナ戦(日産スタジアム)を経て、ワールドカップ(W杯)ロシア大会代表メンバー23人を決める予定。

 W杯に出場しないウクライナにも、大きな差を見せつけられた日本。攻撃面でも見どころは少なかった。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです