特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

きょうの見どころ 第7日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 (左が一塁側。都道府県名の下は昨秋の成績とチーム打率。1回戦、2回戦出場チームはその結果)

 ○…2回戦…○

 ▽第1試合(9時)

星稜     - 富島

(石川)     (宮崎)

北信越準優勝   九州準優勝

・316     ・316

 星稜は最速146キロの右腕・奥川、けがから復帰した最速142キロ右腕・竹谷の二枚看板を擁し、投手力で上回る。富島は機動力が持ち味。得意の接戦に持ち込むには、黒木将-黒田のバッテリーが打者に的を絞らせずに踏ん張れるかが鍵だ。

 ▽第2試合(11時半)

日大三  - 三重

(東京)   (三重)

5-0    東海4強

由利工    ・319

 日大三が総合力で優位。初戦で140キロ台中盤を連発して6回無失点の井上、本塁打を放った日置と投打の軸が勢いに乗る。三重は右横手の福田、速球派右腕の定本ら投手陣の層は厚い。集中打が売りの打線で先手を取り、流れをつかめるか。

 ○…3回戦…○

 ▽第3試合(14時)

東海大相模 - 静岡

(神奈川)   (静岡)

12-3    7-0

聖光学院    駒大苫小牧

 打線はともに前の試合で2桁安打と好調だ。ポイントは投手。静岡は初戦完封の右腕・春が中4日なのに対し、東海大相模は九回途中まで投げた右腕・斎藤が中1日。東海大相模は浅海、野口の両左腕も控えるが、打線が早めに援護したい。

次に読みたい

あわせて読みたい