将棋

中学最後の対局、藤井六段が敗北 今年度61勝12敗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)は28日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第68期王将戦1次予選3回戦で井上慶太九段(54)に敗れ、継続中だった連勝は16でストップした。中学生最後の対局となり、全部門1位を確定させている今年度の最終成績は73対局で61勝12敗、勝率8割3分6厘。連勝数は2…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

あわせて読みたい

注目の特集