メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日

学校教育法改定案 デジタル教科書導入へ 使いやすさに危惧の声

 政府はタブレット端末などで利用できる「デジタル教科書」を正式な教科書と位置づける学校教育法などの改正案を閣議決定した。通常国会での成立を目指しており、2019年4月1日からの施行が見込まれている。【山縣章子】

 文部科学省によると、現在は教科書は紙であることと定められており、デジタル教科書は副教材の位置づけだ。改正案では、視覚障害や読み書きに課題があるなどして、紙の教科書を読むのが難しい児童・生徒は、全ての授業でデジタル版が使えるようになる。デジタル教科書の内容は、検定済みの紙の教科書と同じ。文字の大きさを拡大できたり、音声読み上げの機能が加わることで、学習支援につながることが期待される。

 ただ、改正案が成立しても、デジタル教科書を使うかどうかは学校や教育委員会の判断となる。紙の教科書は…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです