メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放送法4条撤廃案

首相、批判報道に不満か

安倍晋三首相=丸山博撮影

 政府が検討中の放送制度改革案は、政権とマスコミの関係を変えかねない。表向きは放送と通信の垣根をなくして魅力的な番組を作りやすくし、業界を活性化するのが目的だが、政権に批判的な報道への安倍晋三首相の不満が垣間見える。

ネット番組には好意的

 「今はネットでテレビのニュース動画も流れている。同じことをやっているのにテレビだけ規制があるのはおかしい」。首相官邸幹部は、首相の放送法4条撤廃の考えをこう代弁する。

 安倍政権下では、4条の「政治的公平」原則をテコに民放がけん制されてきた。2014年衆院選では自民党…

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2418文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネットフリックス 時価総額16兆7千億円ディズニー抜く
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  4. 柴俊夫さん 児童養護施設出た若者支援に日本酒
  5. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]