佐川氏証人喚問

証言に「矛盾」 「廃棄」巡り、野党反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
野党が「虚偽だった」と追及する佐川氏の答弁
野党が「虚偽だった」と追及する佐川氏の答弁

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題で、27日に証人喚問された佐川宣寿前国税庁長官の証言に、疑問の声が出ている。佐川氏は昨年の国会で「学園との交渉記録は廃棄した」と答弁したが、喚問では一転して「廃棄するというルールを説明しただけ」と主張。改ざん前の文書には交渉の経緯が詳細に記録されており、野党は「明らかな虚偽答弁だ」と強く反発している。【光田宗義】

 「私の答弁は財務省の規則を説明したものだ。虚偽という認識はその時なかった」

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1103文字)

あわせて読みたい

注目の特集