メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語教科書

豆腐ようを酷評 該当部分を訂正申請

豆腐よう=那覇市で2018年3月28日、佐藤敬一撮影

 文英堂は28日、検定に合格した高校のコミュニケーション英語3の教科書で沖縄県の食文化について扱った部分に「不快に感じられる表現があった」として、文部科学省に訂正申請した。該当する1文を削除した上で発行する。

 問題になったのは、沖縄県大宜味村(おおぎみそん)を訪れた英国人の旅行記。村民の長寿や食文化…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです